Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

北の貴婦人、タンチョウヅル生き物

北の空を音もなく飛ぶタンチョウヅルは、まさに「貴婦人」のような優雅さと気品があります。飛ぶ姿も地上にいる姿も、共に絵になる被写体だと思います。

快晴の青空に羽根を広げたタンチョウヅルは、まるで1枚の絵を見ているようです。長めの望遠レンズで連写にして数枚撮影したなかから、羽根や姿のいいカットを選びましょう。ツルの動きに柔軟に対応するため、カメラは手持ちして撮影します。

撮影時のポイント

  • 迫力を出し大きく捉えるため、テレコンバーターAF-S TELECONVERTER TC-20E IIIを使用
  • ツルを追い続けるため、フォーカスモードはAF-Cに設定
  • 1/1000秒以上のシャッタースピードで動いているツルをきっちり止める
  • シャッタースピードを高速に維持するためISO感度は400前後に設定

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:320mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/5000秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正: -0.3段
フォーカスモード:AF-C
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:AF-S TELECONVERTER TC-20E III

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズ。

製品の情報はこちら

おすすめのレンズ
AF-S TELECONVERTER TC-20E III

AF-S・AF-Iレンズとの間に装着することで、主レンズの焦点距離を2倍に拡大するアタッチメントレンズ。良好な光学性能を備え、主レンズの性能を充分に活かし優れた画質が得られます。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

地上で優雅に歩いていると、突然大きな声で鳴き始めました。外気温が低ければ吐く息が白く見えます。三羽程度の親子での行動です。

ねぐらの川へ帰る夕方の光の中に、三羽の親子がちょうど入ってくれました。2時間待っていてのワンチャンスでした。ホワイトバランスを曇天にして少し赤味を増やしています。フォーカスモードAF-Cでの連写撮影です。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

表情豊かなサルを撮る

このレシピを見る

冬の使者、白鳥を追いかける

このレシピを見る

カメラ目線のネコ

このレシピを見る

リラックスタイムのネコ

このレシピを見る

動物園の鳥

このレシピを見る

雪景色の中のスズメ

このレシピを見る

冬の鳥を望遠レンズで捉える

このレシピを見る

犬の表情にフォーカス

このレシピを見る

ふっくらとした愛らしいリス

このレシピを見る